東京・千住まちかどブログ 2011年10月29日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿場町の名残り~その4 宿場町の範囲~

千住宿は南北約2800メートル、東西約300メートルで、旧日光街道に沿って細長い形をしていました。

2011_1028_144348-PA280037.jpg

宿場が作られた1625年当初の範囲は、現在の千住一丁目から千住五丁目まででした(この区間を千住宿本宿と呼びます)。

その後、交通量の増加に伴い、1658年に千住掃部宿(かもん宿、現在の千住仲町)、千住河原町、千住橋戸町が、さらに1660年には千住大橋を超えて、千住中村町、千住小塚原町(現在の荒川区南千住になります)が千住宿に加えられました。

2800メートル続く町並みとなれば、当時としては相当大きな宿場町であったと思います。

明治以降、鉄道(常磐線と東武線)と国道4号線が新たに通り、千住の町は拡大していきますが、江戸時代に造られた旧日光街道とそれに沿った千住宿の町の構造は現代でも残されています。都内で江戸時代の宿場町の史跡を見られるなんて、貴重ですね。

なお、千住宿の模型が千住区民事務所の隣り(北千住駅前マルイビルの10階)に展示されています(足立区郷土博物館作成)。一見の価値があると思います。是非ご覧ください。
1009299 (2)



スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

千住げんき

Author:千住げんき
千住は、下町情緒と都会の雰囲気がごちゃまぜなところがおもしろい街です。結婚してすぐ千住に住んで30年、年々暮らしやすい街だと感じています。
千住の魅力を紹介したサイト「いいとこ千住~魅力再発見~」も見てください。

カテゴリ
最新記事
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。