東京千住・まちかどブログ 2013年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つつじが満開です

公園や街路樹のつつじが満開です。千住の街に、彩りを加えてくれています。

2013_0426_163114-P4260002.jpg
千住仲町プチテラスにて

2013_0426_163813-P4260012.jpg
千住警察署付近の歩道にて

2013_0426_164025-P4260018.jpg
大踏切前の歩道にて



スポンサーサイト

千住の昔話の絵本ができました

NPO法人千住文化普及会が千住の昔話をテーマにした絵本「槍かけの松」を作成されたそうです。

江戸時代、水戸街道は千住5丁目で日光街道から分岐していて、水戸街道に入ってまもなくの所にある「清亮寺」に街道まではみ出た樹齢350年の立派な松がありました(残念ながら昭和20年頃枯れてしまい、現在はありません)。

「槍かけの松」の絵本は、水戸黄門さまで知られる水戸光圀公が「清亮寺」にて休息をする際に、その松に槍を立てかけさせたという言い伝えを題材にしたものです。

関東大震災以前に撮られた槍かけの松(境内の記念碑より引用)
2013_0423_170549-P4230005.jpg

清亮寺の山門
2013_0423_170346-P4230003.jpg
清亮寺の場所は、足立区日ノ出町42-1


この絵本は足立区内の学校や図書館に寄贈されましたが、千住の本屋さんでも市販されているそうです。

問い合わせはNPO法人千住文化普及会、03-3881-3232まで。詳しくは、こちらをご覧ください。




かどやの「槍かけだんご」

かどやさんの近くに出かけた時は、いつも帰りに「槍かけだんご」を買って帰ります。千住名物です。

2013_0405_183107-P4050005.jpg

お店によると、「槍かけだんご」の名前の由来は、江戸時代、黄門様御一行が江戸に入る前に千住にある「清亮寺」というお寺で休息され、その折槍を立てかけた松が後に「槍かけの松」として名所になった、ということからだそうです。
2013_0404_153029-P4040003.jpg

◎住 所  足立区千住5-5-10  
◎電 話  03-3888-0682
◎定休日  不定休

かどやさんのお店は旧日光街道沿いにあり、周辺には江戸時代建築の町家住宅の横山家や、名倉医院などがあります。かどやさんのお店からも、周辺と同様江戸情緒が感じられます。

なお、お店の建物は昨年改築され、11月15日より営業再開したそうです。改築前のお店は「昭和レトロ」の雰囲気がありました。
055.jpg

千住大橋駅周辺再開発

千住大橋駅(京成線)南側の再開発が進んでいます。

こちらは、ニッピとリーガルコーポレーションの本社や工場の跡地を活用した開発事業で、2016年頃に完成するそうです。

マンションの建設があちこちで始まっています。
2013_0329_115830-P3290042.jpg
2013_0329_120156-P3290047.jpg

日光街道から街中に伸びる道路がほぼ出来上がりました。
2013_0329_120140-P3290046.jpg

駅前広場の整備も、始まりました。
2013_0329_115449-P3290036.jpg


千住大橋駅から山手線日暮里駅まで5分、日暮里駅乗り換えで、新宿、池袋、新橋、有楽町などいずれへも20~30分以内に行ける好立地です。しかも、開発地区は千住大橋駅から100~300Mの至近距離です。

再開発が終了する3年後には、優良な住宅地が誕生していることでしょう。
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

千住げんき

Author:千住げんき
千住は、下町情緒と都会の雰囲気がごちゃまぜなところがおもしろい街です。結婚してすぐ千住に住んで35年、年々暮らしやすい街だと感じています。

カテゴリ
最新記事
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。