東京千住・まちかどブログ 2013年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先人の暮らし~その3 富士山信仰と富士塚~

先月、世界遺産に登録された富士山は、古くから人々の信仰の対象でもありました。

特に、江戸時代、富士山信仰は町場に住む人々に自由に広がっていきました。町民や職人が中心となって、その母体は「富士講」という信仰組織で、「江戸八百八講、講中八万人」と言われるほどであったそうです。

富士講の発達により「富士塚」と言われる人工の山が造られました。富士山を模して頂上に浅間神社を祀り、誰でも富士登山ができるようにしたものです。

千住は富士講が盛んな地域で知られ、富士塚は現在3か所残っています。

7月1日、その一つである千住神社の富士塚に登ってきました。千住神社の富士塚は、1年のうち、富士山の山開きに合わせて、この日だけ登山が許されています。
2013_0701_153356-P7010015.jpg

2013_0701_153312-P7010012.jpg

登ってみて初めて気づいたのですが、登山道には5号目、6号目、7号目、頂上などの道標がありました。
2013_0701_153656-P7010021.jpg

2013_0701_153803-P7010024.jpg

頂上には、浅間神社を祀る祠が安置されていました。
2013_0701_153749-P7010023.jpg
スポンサーサイト

地価上昇率・都内2位

7月1日東京国税局が発表した都内の各税務署管内の最高路線価の中で、北千住駅西口駅前通りが都内2位の上昇(前年比4.6%)となりました。昨年は、都内最高の3.6%で、2年連続で高い上昇率です。

路線価は今年1月1日時点での地価の評価額で、相続税や贈与税の算出基礎となるものです。各税務署管内の最高路線価のうち、前年比で上昇したのは48地点中8地点で、昨年より5地点増えました。

東京都内全体としては、アベノミクス効果による地価の底打ちが鮮明になってきたようです。

そうした追い風の中で、さらに北千住駅周辺が高い上昇傾向にあるのは、昨年4月の東京電機大学の移転をきっかけとしたまちづくりが背景にあると考えられます。
北千住駅西口駅ビル
2010_0921_031015-1010242.jpg

北千住駅西口駅前通り
2011_1016_162011-PA160011.jpg


◎北千住駅周辺の地価の推移
●2013年の路線価(2013年7月1日発表)は、4.6%上昇(都内2位)
2013年の公示地価(2013年3月21日発表)は、5.0%上昇(東京23区・商業地3位)

2012年の路線価(2012年7月2日発表)は、3.6%上昇(都内最高)
2012年の公示地価(2012年3月22日発表)は、7.3%上昇(全国・商業地トップ)

*上昇率は前年比で、いずれも北千住駅周辺で最も上昇した地点の数値です。

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

千住げんき

Author:千住げんき
千住は、下町情緒と都会の雰囲気がごちゃまぜなところがおもしろい街です。結婚してすぐ千住に住んで35年、年々暮らしやすい街だと感じています。

カテゴリ
最新記事
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。