東京千住・まちかどブログ 千住ゆかりの人たち~その5 「千住の巣兆」展~

千住ゆかりの人たち~その5 「千住の巣兆」展~

11月1日から5日まで開催されている「千住の巣兆」展に行ってきました。
2013_1104_150046-PB040002.jpg

建部巣兆(たけべそうちょう)(1761~1814)は日本橋に生まれ、長じて千住河原町の藤沢家に養子に入りました。やがて、関屋の里に隠棲し、俳諧と画に興じる生活を送った文化人です。

千住宿は宿場町だけでなく、農産物や海産物の物流の拠点として繁栄していました。商家の多くはその経済力をバックに、当代一流の文化人のパトロンになっていたそうです。建部巣兆は、文化人の代表格の一人です。

2013_1104_152614-PB040013.jpg


「千住の巣兆」展では、71点の書画などが展示されています。その大部分は千住在住の個人所有の作品ですが、これだけ多くの作品を一堂に見られるのは初めてではないかと思います。

◎期間・・・11月1日~5日
◎会場・・・シアター1010ギャラリー(北千住駅西口前のマルイ11階)
◎入場無料
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

千住げんき

Author:千住げんき
千住は、下町情緒と都会の雰囲気がごちゃまぜなところがおもしろい街です。結婚してすぐ千住に住んで35年、年々暮らしやすい街だと感じています。

カテゴリ
最新記事
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ