東京・千住まちかどブログ 神社・お寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅葉が色づき始めました~安養院~

安養院(千住五丁目17-9)の境内にあるいちょうの木は、見事に紅葉していました(11月16日撮影)。

PB160024.jpg

山門と境内の様子も紹介します。風情がありますね。
PB160031.jpg

PB160020.jpg

紅葉が色づき始めました~長円寺、氷川神社~

街を散策していると、少しずつ色づいてきた木々を見かけるようになりました。

千住四丁目にある長円寺前(11月16日撮影)
PB160044.jpg

千住四丁目氷川神社(11月16日撮影)
PB160035.jpg

神社のお祭り

今年もお祭りの時期がやってきました。9月11日、千住の大部分の神社で行われました。
中には東日本大震災の関係で中止したところや、東北復興支援の青空市場を実施したところもありました。

通り雨の中、繰り出される本氷川神社のお神輿
2011_0911_153212-P9110010.jpg

東北復興支援の青空市場を開いた千住河原町稲荷神社
2011_0911_111352-P9110003.jpg

新緑の長円寺

新緑のまぶしい季節になってきました。連休中の2日、好天に誘われ、千住を散歩。北千住駅西口から線路沿いに北に少し行った所にある「長円寺」に寄りました。新緑の木々が清々しかったです。
P5020010-2.jpg

長円寺は1627年開山の歴史あるお寺。境内にはお地蔵様が祀られていました。つつじも咲き始めていて、雰囲気のあるお寺さんでした。
P5020003-2.jpg


長円寺の住所;足立区千住4-27 北千住駅西口徒歩5分

勝専寺へ閻魔詣(えんまもうで)

1月16日、赤門寺の通称で親しまれている勝専寺へ閻魔詣(えんまもうで)に行ってきました。境内と門前の参道には、多くの露店が立ち並び、大勢の参詣客で賑わっていました。特に、子ども達が目立ち、その楽しそうな姿は昔も今も変わらないように感じました。
赤門寺1101162

1月と7月の15・16日に、閻魔堂の閻魔様にお参りできます。これらの日にお参りすれば、日頃の罪を許してもらえると伝えられています。赤門寺の閻魔様は、1789年(寛政元年)製作の閻魔大王坐像です。
P2011_0115_151946.jpg

日頃の静かな赤門寺とは随分違った光景でした。
110116.jpg

千住神社の紅葉

都内の紅葉も見ごろを迎えています。ここ千住神社のいちょうの紅葉も見事です。場所は、千住宮元町です。
20101129千住神社

仲町氷川神社の境内

仲町氷川神社境内のいちょうが鮮やかに紅葉しました。

048.jpg


境内には、いちょうをはじめ大木がたくさんあります。住宅が密集している中で、貴重な緑の空間とやすらぎを我々に提供してくれています。
053.jpg

千住の大祭と「四神の像」

 9月19日、千住仲町にある氷川神社の大祭が行われました。今回、100年ぶりに神社のお宝が公開され、大勢の見物客でにぎわいました。
10092910.jpg 1009193.jpg


 そのお宝とは、1833年(天保4年)に、当時の11人の氏子から奉納された「四神」の像と「鉾」。四神は古代中国からきているようで、青龍、白虎、朱雀、玄武。どこかで聞いた気がしたなと思ったら、ペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ、「大王四神記」で、この四神にちなんだストーリーが描かれていたのを思い出しました。写真のように、御旗の柱の上に、それぞれ金箔がはられた木製の四神の像が飾られました。

 立派な「四神の像」を見てみると、当時千住宿は栄え、お宝を奉納した商家の財力も相当あったのでは、とあらためて感じました。

テーマ : 東京23区
ジャンル : 地域情報

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

千住げんき

Author:千住げんき
千住は、下町情緒と都会の雰囲気がごちゃまぜなところがおもしろい街です。結婚してすぐ千住に住んで30年、年々暮らしやすい街だと感じています。
千住の魅力を紹介したサイト「いいとこ千住~魅力再発見~」も見てください。

カテゴリ
最新記事
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。